行政書士のホームページを制作するポイントなどを研究。ホームページを戦略し、お問い合わせが増えるサイト構築。
2019-04-20

未だに暗号化通信していない?

暗号化通信

Google様が暗号化通信(https://)を推奨して暫く経ちますが、未だに設定していないホームページがゴロゴロしています。

もはや長年更新されていないホームページは、暗号化通信する気はさらさらないのでしょうが、普段から営業しているホームページで暗号化通信になっていないサイトをみると、なんだかなーって思います。

  • ご自身で設定できないのか?
  • お金がなくて頼めないのか?
  • セキュリティ対策について理解ができていないのか?
  • 設定する気がないのか?
  • そもそも暗号化通信ってなに?の状態なのか?

よくわかりませんが、商売をしているホームページの場合、信用に関わるんですけどね。

我々のお客様の中にも、何度も何度も伝えても変更しようとしない方々がいらっしゃいます。有料で設定しますとお伝えしているのがダメなのかもしれませんね。

でも、無料とか格安では、代理で設定しません。セキュリティはお金を掛けられるだけ掛けてするものです。

なぜなら、信用に直結しますし、もしウィルス感染などした日には、レンタルサーバーの再設定から始めないといけません。もはや暗号化通信を設定する費用ぐらいじゃ、到底済まないからです。

ただ、暗号化通信を設定する気のない人は、そのような危機的な事態は想像はできないのかもしれませんね。もしかしたら、レンタルサーバーだから、ウィルス感染したらそのレンタルサーバーをやめて、別のレンタルサーバーを借りればいいじゃん、ぐらいに思っているかもしれません。

でも、そんな安易な考えはダメですよ。

暗号化通信の設定は、各サーバーが用意している無料の共有SSLで、小さなホームページなら、それほど手間は掛かりません。

大規模なホームページだと各ページをチェックするのに時間が掛かる分、手間も掛かりますが、小さなホームページなら2時間もあれば余裕で設定できます。

色々なホームページに暗号化通信の設定の仕方も掲載されていますので、ご自身でも十分できるはずです。ただし、バックアップだけは必ず取って奥必要はあります。何が起きるかわかりませんからね。

お金がなくて誰にも頼めないなら、ご自身で頑張って設定してください。セキュリティを甘くみていると痛い目にあいます。

もし、ホームページをワードプレスで作っていたら尚更です。ワードプレスは、PHPをはじめとするプログラムの集まりです。ハッカーにとっては非常に攻撃しやすい対象ですからね。今、この瞬間も攻撃を受けているかもしれませんよ。

暗号化通信の設定がまだの方、早めの対策が必要です。

関連記事
今すぐ電話でご相談!