行政書士のホームページを制作するポイントなどを研究。ホームページを戦略し、お問い合わせが増えるサイト構築。
2019-04-05

.workドメインの新規取得が激安

お名前.comで先日まで.workドメインが無料でした。私が1件購入したときは1円でした。今日は30円です。翌年度からの更新料も990円で.comや.netよりも安いです。

ただ、中には.workは.comや.netに比べてSEO対策に弱くて、検索上位にいかない!!なんて言っている人も散見されますが、それは「ホームページの内容が薄いだけ」です。

それを、さも.workのドメインのせいにしているだけです。そういう人は、.comでも.netでも結果は同じです。検索上位にいきません。

それに今は、行政書士と言えどもライバルも多く、公開しても直ぐには検索上位にはいきません。ホームページを公開している誰しもが上位にいくように努力していますからね。それに、ワードプレスならSEO対策に抜群なテンプレートだってあるはずです。

直ぐに検索上位にいかないなら、その場合は検索上位になるまでリスティング広告を出せばいいのです。それと、内容が薄いからと書きましたが、残念ながら、それを直視できていない人がいます。ブログ書いてますか?ホームページを更新してますか?

別にドメインなら.comでも.netでも.workでもなんでも構いません。なんなら.xyzでもいいのです。要はホームページの質の問題ですから。もちろん、co.jpとか.jpだと日本の企業だと推測できて信頼も上がるでしょうが、行政書士にはあまり関係ありませんしね。

ホームページを作りたいけど、ドメインはどうしようと悩んでいるなら、.workは新規購入が安くて、更新費用も安いのでいいですよ。これから私はアフィリエイト用に3つ.workドメインを購入します。

ちなみに現在までに.comや.netや.biz、.tokyoなど10個ほどドメインを取得していますが、一度使うと愛着が湧くというか、取得してから数年が経っているので手放すのがもったいないので、今まで更新しなかったドメインはありません。でも、もしGoogleのペナルティを食らったとかであれば、直ぐに手放せばいいことです。

あと、先日の令和の発表の際に、reiwaドメインの取得競争が激しかったらしいですが、有名な言葉のドメインを取得したり、ドメインを育てて高く売ることもできますので、ドメイン一つとっても世の中、色々な商売があるものです。

それと、お名前.comのメルマガを受信すると、毎日のように各種ドメインの割引の告知がきます。今日のメルマガなら「有効期限は本日23:59です。通常価格2,800円のローマ字.jpドメインが650円で登録可能です」とか。

これからホームページを作りたい人は、ドメインの取得から始めましょうね。

関連記事
今すぐ電話でご相談!