行政書士のホームページを制作するポイントなどを研究。ホームページを戦略し、お問い合わせが増えるサイト構築。
2019-06-01

それ、プレゼント詐欺です。

詐欺サイトに注意

様々なホームページを見ていると巧妙な詐欺サイトが相変わらず多いです。今日はたまたま閲覧した思いっきり危険そうなサイトがありました。

「NTTのお客様に向けギフトプログラム」

「お客様に向けギフト」って、もやはタイトルからして日本語が変です。ここで明らかにおかしいと思ってください。

そして、いきなり「おめでとう!」って。その次に、「1 6月2019」で1の「日」の文字がないし。

更に、お得なような文言が並び「当選の100お客様に」って、またまた日本語が変だし。接続詞ぐらい入れようよ。それに煽る、煽る。「回答は4分27秒制限」ってここでも日本語変だよ。

もはや詐欺サイト確定!!
詐欺サイト

次に、アンケートをクリックしていくと「おめでとう!」とプレゼントの画面になります。
詐欺サイト2

ここでも「在庫切れ」と煽ってますね。とりあえず、上の「それを取る」を押してみます。「それを取る」って「それを受け取る」の間違い?

まぁ、いいです。ボタンを押すと次のポップアップ画面がでます。
詐欺サイト3
「NTTのお客様に向けギフトプログラム」って相変わらず日本語、変だし。

そしてOKボタンを押すと、名前などの入力フォームが出ます。
強く強く言いますが、こんなフォームに大切な個人情報を絶対に入力なんてしてはいけませんよ。

「詐欺ですから」

詐欺サイト4

そうそう、お客様の声があるのですが、これも怪しさ満載。
ちなみにマルウェア対策の「aguse.」で見てみると、「44分前」とかあるけど、いつ開いても44分前ですから。

あと、「でもiphone X」がもらえたとかあるけど、貰えると謳っている商品の選択肢には、iphone Xの選択肢はありませんよ。
詐欺サイト5

最近の詐欺サイトは、「https://」で暗号化通信されていて、中身も良く出来ているとは思います。でも、こんな労力を使うなら、もっとまっとうなことに使えばいいと思うのですが、悲しいですね。

ただ、詐欺サイトは、やはり日本語が怪しいので見破ることは可能ですし、最後には必ずクレジットカードの入力が求められるはずです。ここで安易にクレジットカードの情報を入力してしまえば多額のお金が引き落とされてしまう可能性が大です。

もしも万が一、入力してしまったら、直ぐにクレジットカード会社に電話をしてクレジットカードを解約して下さい。さもないと借金を背負うことになります。

あと、このサイトもグーグルアナリティクスで情報を取っていますので注意が必要です。

この手の詐欺サイトについて、分かりやすく書いてあるサイトがありました。必読です。
情報科学屋さんを目指す人のメモ

では、あなたの大切なお金を取られないように、十分気をつけましょう。

関連記事
今すぐ電話でご相談!